テラハ木村花はハーフな“えちえち”女子プロレスラー!インスタのすっぴんも超絶カワイイ!!【水着画像あり】

テラスハウス

テラスハウス東京2020のスタートメンバーであり僕の大好きだった香織メンバーが卒業となります…。一時期は、翔平メンバーと「おっいい感じになるかな」ぐらいまではいったものの特に発展もせず、結局翔平には振り向いてもらえず卒業となりました…。僕的にずっと好きだったメンバーだったので香織の卒業はともて寂しいですが、でもロンドンへ行ってもっと大きく成長してくれる事を願ってる(なぜか上から目線…)。

その香織の代わりになるメンバーという事で僕もかなり注目していたところなのですが、その新メンバーは、木村花(きむらはな)さんという女性。

なんていい名前…。

花ちゃん。

かわいいですね。

“花”ってつくから光永百花みたいな、可憐な女の子なんだろうな~。

そんなイメージを持って、木村花をググルと…。

ヒェ~!プロレスラー???

これは何かの間違いか。。。

いや、木村花ってたすきに書いてある…。

しかもガスマスク着けて笑ってやがる…。

そうなんです。テラスハウス新メンバーはなんと女子プロレスラー…。

流佳だいじょうぶかな…。

 

スポンサーリンク

木村花のプロフィール

名前:木村 花(きむらはな)
誕生日:1997年9月3日 (22歳)
身長:164 cm
体重:  58 kg
出身地:神奈川県横浜市
職業:女子プロレスラー
特技:料理・ダンス
趣味:動物画像・動画を見る(特に猫)

所属事務所HPより>

ツイッター:木村花HanaKimura

インスタ:hanadayo0903

 

女子プロレスラー

超有名プロレスラーの武藤敬司が設立したプロレスの専門学校プロレス総合学院の1期生だった花さんは、その学校を卒業したと同時に、女子プロレスラーとしてデビューしました。

今と違って清楚感がありますね…。

花さんはその可愛らしいルックスもありデビュー後は瞬く間に人気レスラーの仲間入りを果たし、プロレスラーの人気度を表す「プロレス総選挙2017」ではデビューして間もないにも関わらず、女子で2位に輝きます。

さらに見た目がいいという事で、プロレスだけでなくラウンドガールをやっていた時期もあったそうです…。

 

ド派手なコスチュームとガスマスクが特徴的な彼女ですが、その実力は折り紙済みです。そんな彼女の輝かしい成績はこちら↓

JWP認定ジュニア王座&POP王座(第30代&第20代)
アーティスト・オブ・スターダム王座(第10代)
ゴッデス・オブ・スターダム王座(第12代)

さらに現在は、プロレスラーとして活躍する傍らメディアなどへの露出も増えていて、週刊プレイボーイで水着グラビアを飾ったりもしています。

なんか別人みたい。

ちなみに、すっぴんもかわいいですよ↓

花さんこんなかわいいのに、キックは容赦ない。

スポンサーリンク

お母さんもプロレスラー

さてこの木村花さんですが、なぜこんな可愛らしい子がプロレスラーなんて道を選んだのでしょうか…。

それは、花さんのお母さんもプロレスラーだったからなんですね。

花さんのお母さんは、木村響子(きむらきょうこ)という人で、悪役女子プロレスラーとして結構有名なレスラーだったそうです…。アジャコングとか同じ時期に活躍していたそうで、ニックネームは反骨のアフロコング…。

こんな人↓

たしかにアフロコング感ハンパない…。

花さんのお母さんの人生も紆余曲折があったようで、19歳でプロレス界の門を叩いたのだが、1年で辞めてしまったそうです。でそのあとお母さんは、世界中をバックパックひとつで旅することに…。その時に訪れたインドネシアで知り合った男性と結婚し間もなく花さんが誕生したんだそうです。

しかし、この男性とはうまく行かず花さんが生まれた年に離婚しています。その数年後日本のプロレス界に復帰したお母さんは現役生活を続け、2016年総合格闘家のISAOという男性と結婚しました。が、2018年にはまた離婚しています。

そんなお母さんが現役だったころ、花さんはお母さんの試合をよく見に来ていたそうです…。当時の写真がありました…。

試合後に血まみれになったお母さんを見て泣きじゃくる花さん…。

傷だらけのお母さんを見ていた花さん、このころは将来はマラソン選手になりたかったそうです…。

しかし、花さんは結局お母さんの後を追ってプロレス界へ足を踏み入れました。そして2017年のお母さんの引退試合で親子対決をすることに…。

お母さんが花さんをキックすれば、

花さんもお母さんをキック。

引退するお母さんに力及ばずリングにひれ伏した花さんにお母さんは試合後こんなコメントを…。

「鬼で上等だよ!お前が一人前になるまではな、一番最強の鬼でいてやるよ!」

なんかジーンときてしまいました…。

新住人インタビュー

木村花、21歳、プロレスラーです。
今年で4年目になりました。団体はスターダムって言う団体に所属しています。一応ヒールとしてやってるんですけど、でも自由に好きなことやらせてもらってます。で今は東京サイバースクワットという自分のユニットを作って自分がリーダーで好き放題やってます。

Q,プロレスを始めたきっかけ
母親がプロレスをやっていて、で母親からずっと「あなたは普通の職にはつけないわよ、プロレスやりなさい」って言われてて、最初は断ってたんですけど、最終的にわかりました!って言って始めました。得意技は卍固めとミサイルキックとビッグブーツです。

Q,恋愛経験
仲間から中身が童貞っぽいとか処女ってあだ名を付けられたりとか、ほんと男性経験が乏しくて男性と密接に関わることが今までなかったので、どうなんだろうって感じなんですけど、恋愛を絶対したいというよりかはいろんな人間を知りたいというか…。まあそうは言っても惚れっぽいと思うので結構すぐ好きになっちゃうのかなぁって思ったりして。好きになるとその人が他の人と話してるだけで「絶対付き合ってるでしょ?」ってなります。本能が理性を上回った時に仕掛けるタイプだと思います。今まで特定の人とどっか行くってのがあんまりできなかったので、で一瞬彼氏できたんですけどその時にプロレス始めて、プロレス第1になっちゃったので、同年代に比べたら経験は少ないんじゃないかと思います。追いつきたいっす、はははっ。

Q,好きなタイプは?
好きなタイプはおじさん…。おじさんて言っても20台後半から私からしたらおじさん認定。でも自分より若くても中身が成熟してて自分より強ければいいかも。精神面でも体力面でもいいけど自分より優ってる人?

Q,理想のデート
浴衣着て花火大会とか、夏祭りとか、あとナイトプールも行ってみたいし海も…、やりたいこといっぱいあります。あと美術館とか動物園とか遊園地とかも、はははっ。

Q,入居の理由
女子プロレスってまだまだ知名度が低いですし、もっと若いお客さんとかも来て欲しいし、その中でテラスハウスは好きで初期から見てて、もし私が出たら恋愛もできるし女子プロレスも知ってもらえると思って…。あとはいろんな人の価値観とか世界とか知って、相手の人とも向き合いたいし自分とも向き合いたいってすごい思います。

まとめ

それにしてもメンバーに女子プロレスラーが加わるとは、テラスハウスも守備範囲が広くなりましたね…。花と凌とこれで体育会系のメンバーが二人になりましたからこれでまでのどちらかというと文化系でお高くとまってたテラスハウスの雰囲気をガラッと変えてくれそうな気がします。

これは楽しみでしかたありませんね。

ちなみに、花さんが着用しているガスマスクは、¥15,000-で売られているそうです。欲しい人は是非!

ガスマスク\15,000-

 

 

スポンサーリンク

 

【その他メンバー】

田渡凌(日本代表候補)“あえて今”テラハの理由。横浜ビーコルキャプテンが批判をはねのけ恋愛御殿へ決意の入居!
ラスハウス東京2020の18話から新メンバーとして登場した、プロバスケット選手の田渡凌(たわたり りょう)…。 爽やかなナイスガイという印象と、さすがプロスポーツ選手というだけあって、そのがっちり体系と顔つきからは武骨な男っぽ...
テラハ水越愛華(えみか)は“売り子”で荒稼ぎするCA志望の女子大生!インスタから溢れ出るパリピ感ヤバイ!
いやーテラスハウスにまた一人美人さんが登場しましたね…。 先日Netflixにて配信されたテラスハウス2020の15話から新メンバーとして登場した水越愛華(えみか)さん…。 細身で身長も高くて、モデルさんでもして...
テラハペッペ(ジュゼッペ)は漫画家志望のイタリア人モデル!テラハ史上最強イケメンの驚きの経験人数が判明!
先日配信されたテラスハウス東京2020の14話ではケニーと莉咲子が二人揃って卒業していきましたね…。 この卒業時点では二人はまだ“付き合う”には至らず、でも卒業後はそれに向けて時間をたくさん共有したい!ということで、先に卒業を...
テラハ奥山春花は謎に金持ち長身モデル!いろいろ夏美にそっくりで嫌な予感しかしない…。
テラスハウス東京2020の初期メンバーの奥山春花(おくやまはるか)さんについて書いて行こうと思いますが、配信が始まる前からネット界隈はざわついているようです…。 というのも、配信前に先だって公開された紹介動画で彼女が乗ってる車が登場し...

 

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
しかも今だけ、888円コース初月無料キャンペーン中!

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

 

テラスハウス東京2020-メンバー&あらすじ一覧

コメント