テラハ東京2020-3話 流佳の本性が見え隠れ?『無意識に女を泣かす悪いヤツ…』

テラスハウス

テラスハウス東京2020の3話が昨晩配信されましたので、早速レビューをして行きたいと思います。

前回は、俳優の翔平が自分の仕事観について語った言葉でちょっとざわざわしましたよね。

 

「ひとつの事をずっとやっていれば極められるって思ってるのってすげー勘違いって思っちゃうんですけど(笑)」

この翔平の言葉には、一緒に居た春花もケニーも違和感を口にする場面もありましたが、一方でイラストレーターの香織は自身も過去にOLをする傍ら副業をしていた事などから、翔平の仕事観には理解を示していましたね。

テラハ東京2020-2話 翔平の“売れてないクセに感”が半端ない!!
テラスハウス東京2020の2話が昨晩配信されましたので、早速レビューして行きたいと思います。 前回は、この豪華なテラスハウスに住むメンバー6人が次々に集結し、まあこれまでのシーズン通り、それぞれ自己紹介して夕食をみんなで食べてという流...

さて、そんな事があった前回ですが、最後の方で流佳と莉咲子が映画を見に行く約束をしましたね。今回はその映画デートから始まります。

では早速3話のあらすじをチェックして行きましょう。

 

スポンサーリンク

流佳x莉咲子

この日、莉咲子と流佳はデートに出かけた…。

映画「コナン」を見るのが今回のデートのメインイベントなのだが、その映画の前に食事をするという事で、2人は二子玉川のパンケーキ屋IDOBATAを訪れた。

2人はプレーンのパンケーキを注文しシェアして食べ始める…。

流佳「うまいっ」

莉咲子「ん、うまい!何で出来てるんだろうねこれ?」

莉咲子はそうパンケーキの材料を流佳に尋ねたが、流佳はこう答えた。

流佳「プレーンでしょ…」

この流佳の返しに思わず噴き出す莉咲子…。たしかに、プレーンってのは材料の事ではないですね…。

流佳「そんなに面白い?」

莉咲子「プレーンてさあ、材料的なものじゃなくて、シンプルとはノーマルとかって意味だよ…」

流佳「なにも味付けしてないってこと?ふーん…」

と、こんなかんじで良い雰囲気で食事をすすめる2人…。そんな中、莉咲子が質問した。

莉咲子「女の子と喋ると顔赤くなるんでしょ?莉咲子といる時赤くなってないけどね」

莉咲子の言う通り流佳の顔は別に赤くはなく普通だった。

流佳「一番話しやすい…」

莉咲子「ねっ。一番女の子っぽくないかもね莉咲子…」

流佳「・・・。」

このあと2人は映画を見に、店をあとにしたのでした…。

 

 

その日の夜のこと。

流佳と莉咲子が帰って来る前のテラスハウスでは、この二人はなにやらイラストについて話しをしていた…。

ともにイラストを描いているケニーと香織は、ケニーのイラストの描き方やペンの種類について談義していた…。

香織はこの6月に個展を開くそうなのだが、毎年のごとく、自身のイラストが描かれたTシャツを販売してるらしく、ケニーにもイラスト入りTシャツの製作を一緒にやろうと話していた…。

この二人はイラストという共通点があって、さらに共にクリエイター同志という事もあり、とても気が合いそうに見えた。

 

2人はそのあとキッチンへ移動し夕食作りを始めた…。この日オーデションがあったという翔平も夕食作りに加わり、メニューは翔平お得意の台湾料理、ルーロン飯に決定。3人でつくり始めたのでしたが、間もなくして、

莉咲子・流佳「ただいまー」

映画から莉咲子と流佳が帰って来た。

莉咲子「コナン面白かったー。20分寝たけど」

香織「寝てんじゃん!(笑)」

香織のするどいツッコミもありながら、流佳と莉咲子のデートについて聞くメンバーたち…。莉咲子がトイレに行ってる間にはこんな質問も…。

ケニー「ハプニング的な事なかったの?」

流佳「えっ?いやっ、何も無かったっす」

香織「ポップコーン取る時に当たったりとか…」

流佳「ポップコーン分けました」

香織「分けちゃったの?」

翔平「分けちゃダメだよ」

とメンバーは流佳をいじり倒していた…。ルーロン飯のルーロンをあとは煮込むだけにしたところで、流佳と翔平は屋上へ一服しに向かいました…。翔平がタバコを吸うのは知ってましたが、流佳もタバコを吸う事に驚いたのですが、2人はタバコに火を付けて話し始めた…。

翔平「どうなの?流佳って最初から好きな人は好きな人、友達は友達って決める人?」

流佳「いや全然、途中で全然変わります」

翔平「莉咲子すげーニコニコで帰って来たね」

流佳「すげーうれしかったっす」

 

一方女子部屋でも…。

莉咲子「普通、映画で寝てたら、”寝てんかい!”ってなるじゃん?でも、”寒くない?”って…。うわっ優しい!って思って」

香織「そうやってケアしてくれるとドキッとするよね?」

莉咲子「すごくステキだった…」

 

もう一度屋上…。

翔平「でも、最初春花が良いって言ってたじゃん?あれは変わらず?」

流佳「変わってないですけど、全然喋れてないんですよね」

翔平「今度ケニーさんとデート行くけど、嫉妬みたいなのないの?」

流佳「今は無いけど分かんないっす…」

翔平「一杯行きません?って誘ってみれば?」

流佳「なるほど…」

 

 

スポンサーリンク

翔平、内装屋の社長に怒られる?

この日翔平はある場所へ向かっていた…。

向かった先は、内装業を手掛ける「HAJIKAMI」という会社だった。

翔平「お久しぶりです。帰ってきました。すみません」

社長「はい」

翔平が台湾に渡る前にここで内装のアルバイトをさせてもらっていたようで、今回日本に帰って来たのでまた働かせてほしいと翔平は社長さんに頭を下げた。

社長「じゃあオーディション以外は入ってもらうからな」

社長さんはそう快く迎え入れてくれた。そんな社長さんだったが、翔平にこんな事も言及した。

社長「でもあなたは、ちゃんと本業(役者)に戻っていかないとね…」

社長は以前から”どっちつかず”の翔平を見抜いていたんでしょう…。そんな事を言い放った。しかし翔平はこう返す。

翔平「でも、ぼく家具作ったり内装も好きなので…」

社長「いいよ、役者やれよ、ちゃんと!」

翔平「役者って呼ばれないと出来ないじゃないですか?」

社長「それは行くんだよ」

翔平「いや、でも台湾で色々作ってて、作るのも性に合ってるなって…」

社長さんはそれ以上は何も言いませんでした…。

 

 

莉咲子が夢に…

莉咲子「なんかムラスポ(流佳のバイト先)も早退したって…」

翔平「それは重症だね」

莉咲子と一緒に映画に行って以来、流佳はどうやら風邪で体調が悪いらしく寝込んでいるようでこの日は夕食も食べてないようだった。

翔平「じゃあ、これ持ってってあげなよ」

翔平にそう促され、莉咲子はカットフルーツとおかゆを持って流佳の居る男子部屋をノックした…。

莉咲子「大丈夫?」

流佳「うん、喉がいたい」

莉咲子「翔平君がおかゆって…」

流佳はベッドから起き上がり、翔平の作ったおかゆを食べ始めた…。

こうして流佳におかゆを食べさせた莉咲子は、風邪薬を買いに行った。

 

そして数分後…。

 

莉咲子「ただいま!体温計とー、風邪薬とー、あっ、先に体温測ちゃおっか…」

夜が遅いのにも関わらず莉咲子は疲れた顔ひとつしなかった。

流佳「どこまで行ってきたの?」

莉咲子「とっても近く…。歩いて3歩」

流佳「3歩?」

”自分頑張って買ってきたよ感”をひとつも見せる事なくそう健気に振舞う姿は流佳にはどう映ったのでしょうか?流佳はこのあと、莉咲子が買ってきてくれた風邪薬を飲んでまたベッドに潜り込んだのでした…。

流佳の看病を終えた莉咲子はみんなの居るダイニングに下りてきた…。

そこで流佳のこんな話をした…。

莉咲子「さっき流佳にさ、”寝れた?”って聞いたの。そしたらさあ、”夢に莉咲子が出てきた”って」

莉咲子はすごくうれしそうにそう言った。

春花「あれーー?」

莉咲子「しかも、なんかわかんないけど”美容院に居た”で終わったのー。何それって思ったけど、流佳ってかわいいよね、うふっ」

 

また、このあと莉咲子は流佳についてこんな事も言っていた…。

莉咲子「でも流佳って悪くない?」

翔平「何が?」

莉咲子「だって女の子と喋ると赤くなるって言ってて、”夢に出てきた”みたいな事言われたら、普通100%好きになっちゃうよね?」

翔平「うんうん」

莉咲子「女の子に慣れてないですって言ってて、夢にでてきたとか言えちゃうんだよ。で、それをわざとやってないんだよあの人…」

翔平「なるほどね」

莉咲子「今まで泣いてきた子いっぱいいるよたぶん…」

 

 

翔平x香織

翔平と香織はこの日、三軒茶屋のとある居酒屋に来ていた。

第1話目に「香織ちゃんに強く興味ある」→「デート行こう」と誘ったあのデートだ…。

2人はお酒と料理を注文し食べ始める…。

2人とも、”○○のお茶割”が好きらしく、ちょうど近々に迫ったゴールデンウィークは2人とも暇なのでそのタイミングで行こうなどと話した。

と、ここで新たな事実が発覚します。

香織「実は卵かけご飯初めて食べる」

大人になるとなかなか食べないかもしれないですが、日本人の90%ぐらいは幼少期に必ず食べているであろうこのメジャーな子供メシを食べた事がないってのは、アレルギー持ちか、相当なお金持ちかのどっちかだと思いますが…、

香織はたしか、

小学校中学校→成城、高校→カナダ、大学→慶応

ですから金持ち確定です!こんな庶民の食べ物は食べるはずがないですね香織お嬢様は…。

テラハ渡邉香織は高学歴イラストレーターでモデル活動も!性格はキツそうだけど顔は可愛いい!
テラスハウス東京2020の初期メンバーの一人である渡邉香織さんですが、どうやら凄い才能の持ち主みたいですね~。なんでもフリーのイラストレーターさんで、あの人気雑誌「JJ」や「ゼクシィ」のイラストなんかも手掛けてるとか…。 こんなかんじ...

 

翔平「どう?テラスハウス…」

香織「慣れてきたけど、ストレスは感じるかな…。三日目とか泣いたもん」

翔平「言ってたね」

香織は、歳の差がけっこうみんなとあって話しづらいメンバーも居ると打ち明けた。その中で翔平はフラットに話が出来る仲で救われたと話してました。

翔平「それは俺も思う。みんな俺が居て良かっただろうなって…(笑)」

翔平はなかなかのお調子者です。

 

このあと「変な事聞いていい?」と香織が翔平に質問をした。

香織「何で初日にこのご飯誘ってくれたの?」

翔平「喋ってみたいって思ったから」

香織「ありがとう」

翔平「誘いに乗ってくれてありがとう」

 

 

流佳が春花をお迎え

ある日のこと…。

自宅からギターを持ってきたいと春花が言い出したのだが、そのギターがどうやら重くて電車では運べないレベルらしいのだ。すると流佳が、

流佳「俺迎え行きますよ」

と、流佳…。なかなか積極的に動きます。

そして…。

待ち合わせの場所で春花を待つ流佳。

2人はこのあと、流佳の運転するジャガーでテラスハウスに向かいました…。

 

スポンサーリンク

 

未公開映像

【3rd WEEK】「付き合いたいなーと思ったら…」

まとめ

流佳君、実は結構やり手ですね…。

莉咲子の言う通り、女の子に慣れてない素振りしといて「夢にでてきた!」は女の子を勘違いさせてしまいますね確かに…。たぶんこのまま行くと流佳は春花にいくでしょうから、莉咲子が泣く事になるような気がしますがどうでしょうかね…。

さあ、今後の流佳の変貌ぶりに期待しましょう!

 

と言う事で3話はここまで。4話はこちら↓

テラハ東京2020-4話 流佳にはホント騙された!稀代のモテ男ここに現る…。
テラスハウス東京2020の4話が昨晩配信されましたね。 前回の3話をざっとおさらにしますと、流佳と莉咲子がパンケーキデートへ行きとても良い雰囲気の2人の姿がありましたね…。この二人は歳も近いしとても気が合うようです。そのあと流佳が熱を...

 

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
しかも今だけ、888円コース初月無料キャンペーン中!

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

 

テラスハウス東京2020-メンバー&あらすじ一覧

コメント