大家族ファンブログ

大家族シリーズやテラスハウスについてのブログです!

【テラスハウスハワイ】5話 エビアン奇跡の桃尻披露で侑哉を悩殺!あれで大抵の男はやられると思う…。

      2017/02/09

 

スポンサーリンク

 

ALOHA~!

ということで昨晩、テラスハウス・ハワイ編の5話が配信されました…。

前回の4話では、ウクレレ高校生の悠介が近所の小学校のイベントに呼ばれ、ギターの演奏を披露してましたね。メンバー全員が見守るなかで見事に演奏しきった悠介は、演奏終わりに駆けつけてくれたメンバーから大絶賛を受け、特にローレンからはハグの祝福を受けるなどしてましたね…。そんなこともあってか悠介は次第に「ローレンが気になる」と男子メンバーに告白。さらに同じ歳の侑哉も「エビアンを落とす」と宣言するなど、ロマンスの片りんを見せ始めた前回でした…。

【テラスハウスハワイ】4話 ウクレレチェリーがローレンハグでフォーリンラブ?!恋の行方はノースショアに…。

さて、そんな6人ですが、この第5話ではノースショアへ遊びに出掛けます…。

ホノルルやワイキキのような観光地として知られる地域、いわゆるリゾートハワイとはまた違った、大自然に囲まれたリアルハワイを堪能できるのがこのノースショアという場所らしく、ノースショアの中でも最大の集落であるハレイワ地区では、昔ながらのレストランやショップなんかもあったりしてまさに”古き良きハワイ”を堪能できるところだそうです。またサーフィンの聖地としても有名なんだそうです…。

5話は6人がそのノースショアへ出かけるところから始まります。それでは早速5話を見ていきましょう!

 

ノースショアへ

テラスハウスハワイ

朝6時、次々に起きてくるメンバー…。

みんなノースショアへ出発するための準備をする中、悠介が、

「2時間しか寝れなかった…」

と話す。悠介は遠足の日の前日みたいに、緊張して寝れなかったそうだ。その話を聞いたエリックがすかさず、

「少年やん」

とツッコミを入れた。そんな会話をしながら支度を済ませた6人は出発することに…。

テラスハウスハワイ

もちろん悠介はウクレレ持って出た。

ガレージに移動しトラックに乗り込む6人だったが、いくら大型車といってもさすがに6人は入りきらいないということで、侑哉とエビアンの2人は後ろの荷台?に乗り込んだ。

6人を乗せた(荷台に2人)車は、果樹園が広がる道をひたすら北上した。

テラスハウスハワイ

車内ではローレンが、

「果樹園を持つのが私の夢なの…」

と、将来はこういう大自然に囲まれた土地で果樹を作り、犬や猫がたくさんいるような環境で暮らしたいと話していた。

すると悠介が、

悠介「ここらへんハワイっぽくないね」

奈緒美「うん」

悠介と奈緒美のそんな会話を聞いたエリックとローレンは、

エリック「超ハワイっぽいやろ」

ローレン「超ハワイっぽい」

テラスハウスハワイ

と言い放った。ハワイ歴の長い2人にすれば、この田舎の風景こそが本当のハワイ、リアルハワイなんだそうだ。

こうして6人を乗せた車はパイナップル畑を延々と走り続ける。

ここまで、荷台に乗った侑哉とエビアンがまったく映らなかったのでちょっとかわいそうだったが、そんな6人はノースショアのハレイワ地区に到着した。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8174

6人は、ノースショアマーケットプレイスってところに立ち寄った…。

ここは、その名の通り、ノースショアのお店がギュッと詰まったショッピングプレイスでそんなに広くはないけど、レトロでオシャレなハレイワのお店が沢山あって、短時間でハレイワの町を楽しめる場所だそうです…。

メンバーはまず、コーヒーギャラリーというお店に入りました。

テラスハウスハワイ

このお店は、ノースショアならではのレトロな雰囲気が味わえると人気のお店だそうで、スコーンなんかも有名なんだとか…。

メンバーは各々、コーヒーだったりチャイだったりを注文する。そんな中、注文カウンターで一緒になったローレンと悠介。

ローレンが、今日のメイクは水に濡れてもいいやつなの…と話すと、

「メイクしなくてもいいと思うよ全然!」

とローレンに声をかけると、

「ありがとうございます」

とローレン。そして、

「優しいね悠介」

と言って、ローレンは悠介の肩をポンと触れた…。

テラスハウスハワイ

ローレンに触れられた悠介は「フフフ」と余裕の笑みを浮かべていたが、間違いなく動揺を隠せない様子だった。

ノースショアマーケットプレイスをあとにしたメンバーは、また車を走らせ今度はビーチに向かった…。

テラスハウスハワイ

荷台のエビアンと侑哉も楽しそうにしている様子だった。

テラスハウスハワイ

6人はビーチに到着するや否や水着に着替えた。

女性陣の水着姿は今回も最高でした…。奈緒美とローレンはワンピースタイプ、そしてエビアンはビキニタイプ。

テラスハウスハワイ

僕はここで思いました…

エビアンのがすごい!

って。

桃色のその布に収まりきらず今にも零れそうなエビアンの桃尻…。

ハンパないっす!

ということで、メンバーはこのあとビーチではしゃぎまくります。

テラスハウスハワイ

(ローレンかわいい!)

テラスハウスハワイ

(おおー!)

テラスハウスハワイ

(ウェーイ!)

テラスハウスハワイ

(エビアンの桃!奇跡の桃尻!)

 

ひとしきりはしゃいだメンバーは、そのあと砂浜に座ってまったりモード…。この時ローレンはみんなとちょっと離れたとこでパラソルを立ててスマホをいじっていた。悠介はそんなローレンに近づき何か話しかけたそうなかんじなんだけど、なかなか話しかけられず、まわりをキョロキョロするばかり…。

%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8192

そんな悠介にローレンから声をかけた。

「どうしたの?」

悠介「いや、なんか一人で寂しそうだよ。みんなのとこ行こう?」

ローレン「OK~」

 

 



 

 

ビーチをあとにしたメンバーは、次にガーリックシュリンプで有名なお店ジョバンニにやってきた。

テラスハウスハワイ

テラスハウスハワイ

ガーリックシュリンプといえばジョバンニというくらい有名なお店らしく店内はかなり混雑している様子だった。ガーリックシュリンプを注文したメンバーはそれを豪快に口に入れる…。

テラスハウスハワイ

かなりガーリックが濃いようだ。

しかし、メンバーがおしそうにエビをほうばる中、1人寂しくジュースを飲むだけのローレンがいた…。そうローレンはベジタリアンなのだ。

ローレン・サイはヴィーガン(ビーガン)?!ベジタリアン最上級のその驚くべき食生活とは?!

その後メンバーは、デザートを注文し、ローレンも一緒にアサイーボウルなんかを食べた…。

そんな中、エリックが、

「ローレン、バイトくびになったんやな」

と言いだした。

テラスハウスハワイ

ローレンの話によると、あのバナナの皮むきの職場で、研修期間中にもかかわらず、ある日突然電話が来て、「明日からもう来なくていい」と言われたんだそうです。これにはさすがのローレンもご立腹の様子でした。

すると奈緒美が、

「月曜日から始まりまーす」

テラスハウスハワイ

ローレンとは逆に、奈緒美は以前面接を受けたあのお店で月曜日から働くことになったと話した。

 

こうしてメンバー全員でのノースショア旅行は終わった…。

 

帰宅後、男子部屋では悠介と侑哉が…。

テラスハウスハワイ

「ローレンと今日2人っきりになったじゃん…」

と侑哉がさっきのビーチでの話をした。すると悠介は、

「話しかけるタイミングを気にしなければ良いんだけど、気にしちゃう。すごくローレンがダルそうにしてて話しかけたらマズイかな?とかそうゆうタイミングじゃないのかなーって思ったりしてて…。俺、全然そんな経験がないから、そこら辺が難しい」

と話した。すると侑哉は、

「話しかけてみなければわからない、しつこいって思われたら、直せばいいんだよ。恋愛に関しては、相手のことを知らないと
絶対近づけないじゃん」

と適格なアドバイスを送った。

「まだ今は自信がないけど自身がついたらやるよ!」

悠介はそう決心したのでした…。

 

別の日、エリックは友人らしき人物とあるお店を訪れていた。

テラスハウスハワイ

テラスハウスハワイ

どうやらこの、大野さんという人が副社長を務めるこのお店の一角で、エリックのカフェをオープンさせるみたいだ。そしてこの日はその打ち合わせにエリックがディレクターの友人エリオットを連れてきたのだ。

テラスハウスハワイ

エリックの”パンチボールカフェ”の準備も着々と進んでいるようすだった。

 

 

スポンサーリンク

 

ローレンの苦悩…

その日の夜、テラスハウスではちょっとしたトラブルが…。

女子部屋にはエビアンと奈緒美が座っている。そこへローレンが遅れてやってきた…。

テラスハウスハワイ

「なんかあった?」

とローレン…。2人に呼び出しを受けたローレンはそんなかんじでちょっと警戒していた。

「なんかあったわけじゃないんだけど…」

そう言ってエビアンが話し始めた、

「テラスハウスに来てもう少しで1ヶ月経つから、これから一緒に住んでてルールっていうか、トイレも使ったり、お風呂も一緒にシェアもしてるから、例えばトイレットペーパーがなくなった時に新しいのに付け替えたりとか、気付いたらやる?とか身の回りのところは綺麗にする?とかみんなが一緒にシェアしているところだから…」

奈緒美も

「例えばタオルをかけるところにかけずに、2.3個濡れたタオルがそこら中に置かれてたりとか…」

するとローレンが、

「それは私って思ってるの?」

と2人に確認した。

「それはわからないけど、一緒に住んでるからそうゆうルールは言った方が良いと思って」

とエビアンは濁したが、明らかにこの指摘はローレン個人に向けてのものに聞こえた。

「OK」

ローレンはそう返事をしたが、どこか納得のいかない表情を浮かべていた。

テラスハウスハワイ

 

その後女子3人は、男子3人がいるダイニングへ移動…。

今度はここで掃除当番を決めると話した。

「そんなの決めなくていいよー別に」

と侑哉が案の定の発言をすると、

「言うと思ったー」

とエビアン…。

それでもルールはルールということで、掃除当番を決めたメンバー。それを決めたあと、早速キッチンを掃除しにエリックとエビアンとローレン…。

そんな中浮かない表情の奈緒美に気付いた侑哉が奈緒美に話しかけた。

「女子3人で何話したの?」

「そうじのはなし。ちょっと気まづかった…」

と奈緒美。

「そうじの話で気まづくなるか?」

と侑哉。

「ちょっと」

と奈緒美。

奈緒美はここでは話しづらいということで、場所を変えて、侑哉と2人リビングへ移動した。

テラスハウスハワイ

「さっきみんなで話す前に女子3人で掃除の話をしていて、もともとエビアンと私と2人でずっと掃除の話をしていて、散らかしているのが明らかにお互いじゃなかった。それをさっきローレンに話した時に、わざとローレンって言わないようにして、2人で話しを進めたの。3人でルールを決めようって。それローレンからしたら、『明らかに私が悪いって責められてる感じになった』って本人からさっき言われて、でも本人って言ったら絶対嫌がると思ったから…」

と奈緒美が話した。すると侑哉はこう言った。

「ローレンの気持ちはわかる…。2人の間で話されてたってことを感じるわけじゃん。それなら奈緒美とエビアンのどっちかが、ローレンに『いつも戻してないけど使い終わったら戻して』っていう風に言えばいい話じゃない?」

と。すると奈緒美が

「そうすると目の前に私がいない状態で『ローレンだよね?』って言っても『私じゃないよ』って言われた時に証拠がわかんなくなるじゃん」

と奈緒美が言った。すると、

「でもそれって2対1じゃん、ずるくない?2人の意見でローレンを潰しているだけじゃん。それで嘘付いたらローレンはそうゆう人なんだよ…。でもそんなことで嘘付くような人じゃないと思うけど」

と侑哉が切り返した。

「でも(ローレンは)ずばずば言う性格だから、名前を出したら『もう奈緒美嫌い』って言われたらどうしようって不安だった」

と奈緒美がこぼすと、

「超しょうもないじゃん!」

テラスハウスハワイ

と侑哉。そんな作戦まがいなやり方でローレンにわからせようとするんじゃなく、言う事はお互いちゃんと伝えなきゃダメ!と奈緒美を諭した侑哉。

すると奈緒美…

テラスハウスハワイ

「ありがとう、すごくいいこと言ってくれるね」

と奈緒美。

侑哉からそんなアドバイスがまさか出てくるとは思わなかったのか、奈緒美からは驚きの感情を隠せない様子だった。またそれと同時に何か特別な感情を侑哉に持った瞬間でもあったような気がした…。

 

翌日、ローレンは実家を訪れた…。

ローレンはテラスハウスでの生活に悩んでいたのだ。ローレンが家に入るとお姉さんがいた。

ローレンはお姉さんに悩みを打ち明けた。

テラスハウスハワイ

女の子たちから距離を置かれてるのかな、嫌われてるのかな、と入居して3週間になるテラスハウスでの不安なことや悩みをお姉さんに打ち明けるローレン。

妹の不安を聞いたお姉さんは、自分の気持ちをちゃんと伝えれば、みんなちゃんとあなたをわかってくれる…、そんなアドバイスを送ってました。

テラスハウスハワイ

「シェアハウスって難しいね」

ローレンはそんな言葉を口にし、実家を後にしました。

 

その日の夜…。

女子部屋でローレンと奈緒美。

テラスハウスハワイ

「昨日3人で掃除の話して、そのことで謝りたくて…」

と奈緒美。

「私も話したいことあったんだけど、やっぱり話したときは全部が私のせいになったんだけど、本当は誰かの髪の毛とかすぐわかる。誰も今まで完璧じゃなかったから、もっと優しく言ってほしいなって思ってる。もし問題があったら言ってほしい」

とローレン。こうして2人は無事和解したようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

侑哉がエビアンを誘い出す…

ある晩、プレイルームではエリックとローレンが楽しげに話をしていた。

テラスハウスハワイ

どうやら、テラスハウス東京編の、美咲とバーンズ勇気が横浜デートのあたりのエピソードで盛り上がっているようだ。

2人がそんな話で盛り上がっていると、そこに悠介もやってきて、3人はここ(テラスハウスハワイ)では、恋愛がそんなに進まないな~と話していた。確かにバーンズ勇気の〈入居→美咲を好意を抱く→デート〉の早わざはすごかったですからね~。

でも、ここ最近はあやしいメンバーもちらほら居るとエリック。

「特に奈緒美とか怪しい…。侑哉は正直俺から見たら、奈緒美のことは本当にただの友達として見てるけど奈緒美は違うと思う」

エリックがそう話すと、ローレンが、

「最近、侑哉のピアスは奈緒美のを使ってるし、一緒にヘアのスタイリングもやってたり…」

と侑哉と奈緒美が怪しい…と話した。

 

しかしちょうどそんなころ、侑哉は女子部屋に向かいます…。

テラスハウスハワイ

「コンコン!」

侑哉はドアをノックし部屋に入ると、中にはエビアンと奈緒美が…。

すると侑哉が

「エビアンに話があって…」

と言った。侑哉は続けて

「日曜に空いてる?」

テラスハウスハワイ

エビアンが侑哉の唐突な申し出にびっくりした様子で「うん」と答えると、

「朝サーフィン行って、ご飯食べて行こう…2人で!」

と侑哉。

「2人で?いいよ、行こう!」

とエビアンは答えた。

「じゃあ日曜」

侑哉はそう言って部屋を去った…。

「私居て良かったのかな?」

と奈緒美。

「いんじゃない?別に。ただサーフィンを誘っただけじゃないの?」

とエビアン。

奈緒美「・・・」

テラスハウスハワイ

 

5話はここで終わり。

今回の5話未公開映像では、この侑哉がエビアンをデートに誘いだしたあとのシーンでした…。

 

まとめ

とうとうこのテラスハウスハワイ編でも本格的にデートに誘うという段階に入ってきましたね!

侑哉に少し心を掴まれかけていた奈緒美でしたが、自分の目の前でその侑哉がエビアンをデートに誘うという酷なシーンがありました…、まあこれはシェアハウスですからよくあることです…。おそらく侑哉はあのエビアンの奇跡とも言うべく桃尻にやられたのだと思います。

次回は侑哉とエビアンのデートが見れるでしょう!

また、ローレンのシェアハウスに悩むシーンがこの5話にはありましたが、ローレンはその美貌と才能のかわりに、何かパーソナルな部分でまだ欠けてる部分があるような気がしますね…。バイトをクビになったのももしかしたらそこらへんが関係してるかもしれません。しかし、ローレンはまだ若い!大丈夫です。これからの共同生活でいろんなことを学んでいけるでしょう!

さて、個人的にはそのローレンと悠介の恋というのを密かに期待しているのですが、悠介もなんかやる気になってきてる感じですね!次回以降期待したいと思います。

それでは第5話はここまで。気になる6話はこちら↓

【テラスハウスハワイ】6話

 

 

♪テラスハウス・ハワイ編に関する情報をまとめておりますので是非!
    ↓↓↓↓テラスハウスハワイ

 

 

スポンサーリンク

 - テラスハウス , , , , ,