大家族ファンブログ

大家族シリーズやテラスハウスについてのブログです!

大家族黒澤家のステップファミリーならではの悩みとは?

      2016/03/11

 

スポンサーリンク

岩手に住む、3男5女10人の大家族の黒澤家

家族10人がお父さんの月給11万円で暮らしているという黒澤家ですが、そこにはこのご家族ならではの“やりくり術”がありました・・・。

黒澤家はパパの月給11万円でやりくりする幸せステップファミリー

 

さて、そんな黒澤家は、ステップファミリーです。

お父さんが3人、お母さんが3人の連れ子を連れての再婚でした。

黒澤家

お父さんの連れ子が、長女と三女と二男

お母さんの連れ語が、二女と四女と長男

という事だそうです。

黒澤家

 

お父さんの連れ子の長女と三女、そしてお母さんの連れ子の二女は、バスケットのチームメイトでした。それが親の再婚によってある日突然姉妹になり、一つ屋根の下で暮らす事になったので、最初のころはそうとう戸惑ったそうです・・・。

黒澤家

「親として見れるのかな」

「兄妹として見れるかな」

「パパが苦手だった、最初のころは全然話せなかった」

「ルームシェアしてるかんじ」

ステップファミリーならではのことですが、子供たちはその時の心境をこのように話してました。

 

そんな子供たちの戸惑いや、家族としてやっているけるのかという不安を払しょくするために、お父さんとお母さんは、色んな家族行事をやっています。

・東北名物玉こんにゃくで大食い大会

黒澤家

 

・8kgのから揚げ大食い大会

黒澤家

 

・カップ麺の大食い大会

黒澤家

 

・わんこそば大食い大会

黒澤家

 

などなど、お金をかけずに家族みんなで楽しめる行事を企画してはみんなで盛り上がってるそうです。

 

スポンサーリンク

ステップファミリーならではの問題・・・

連れ子同志の再婚ということで、血の繋がりのない家族を一つにまとめようと一生懸命なお父さんとお母さん。お二人の愛情によって今では家族がひとつにまとまっている黒澤家ですが、一つだけ問題があるそうなんです。

それは、お父さんと三女星さんとの確執

現在高校3年生の星さんですが、当時はお父さんの再婚をなかなか受け入れられなかったそうです。それが原因で目を合わすこともないそうです。しかも英語の得意な星さんは、中3の時に参加した英語の弁論大会で、

“I hate my father (お父さんが大嫌い)”

というスピーチをしたというのです。その事を知ったお父さんはショックを受け、その後数年にわたり2人の関係はギクシャクしたままだそうです。

その時の原稿↓

黒澤家

 

お父さんは、弁論大会には行っておらず、後日この原稿を見たそうなのですが、この“I hate my father”という言葉を見て、それ以上読み進めることが怖くて出来なかったそうです。

 

番組(潜入噂の大家族)では、リポーターの杉浦太陽が、星さんのお父さんへの気持ちを確認していました・・・。

太陽「どう今?お父さんとお母さん好き?」

星「お母さんは、ずっとケンカしてた時はめちゃくちゃ嫌いだったけど、今は安定期っていうか、嫌いじゃなくって・・・」

太陽「お父さんは?」

星「お父さんは、まあ、あまり話したくはない・・・」

太陽「離婚の時のショックが大きかった?」

星「離婚の時はそんなにショックじゃなかった・・・」

太陽「じゃあ何がショックだった?」

星「再婚したっていうのをちゃんと理解した時・・・。(お母さんが)ドレスを着て写真を撮った時に再婚したんだって初めてわかって・・・」

黒澤家

 

太陽「自分の過去を否定されたような気持ちになったのかな?」

星「たぶん寂しくなったんだと思います」

 

星さんは、正直に当時の気持ちを杉浦太陽に話してましたね。当時の星ちゃんは、新しいお母さんへの不安と同時に、お父さんを奪われるみたいな寂しさや、本当のお母さんとの距離が離れて行く寂しさを感じていたんでしょうね。当時9歳ですからね、寂しさを感じて当然です。

そんな寂しさから、お父さんを自然と遠ざけていたという星さん。

中3の時に英語の弁論大会で“I hate my father ”のスピーチをしたわけですが、でも実は、この“お父さん大嫌い”の言葉の後には、お父さんが読んでいない、星さんの本心の言葉が書かれていたのでした・・・。

このスピーチの和訳があるということで、杉浦太陽がそれをお父さんに見せました。

和訳全文↓

あなたは父親ののことが好きですか?

もし誰かがあなたにこの質問をしてあなたが10代の女の子だったらあなたの答えはいいえですよね。

これは10代の人たちにとってはありがちな感情だと思います。

実際に私の友達にも「お父さんが好き」という人はいません。

しかし、彼女たちの父親への評価は平均62点ということが同じ調査のなかでわかりました。

このような高い点数を理解できません。

個人的には、私の父親への点数はたった20点です。

私は父が嫌いです。

長い間父を嫌っています。

不幸なことに私の両親は、私が8歳の時に離婚しました。

2年後に父は再婚しました。

それから私の人生は完全に変わってしまいました。

義理の母にも子供がいるので私たちは大家族になりました。

今父はたくさんの子供の面倒をみなければならないため

もはや家庭は快適な場所ではなくなりました。

 

正直に言うと、私は心の中では父を尊敬しています。

父は友達がたくさんいて、その友達を大切にしています。

父は仕事であった問題を決して家庭に持ち込みません。

私は父の事をずっと嫌っていました。

でも先生が私の日本語スピーチを読んで言いました。

 

「あなたはお父さんに愛されたいの・・・、違う?」

「嫌いという言葉は、好きという言葉もほのめかすのよ」

 

それを聞いた時私は、認めたくはないけど

先生の言った事は私の本当の気持ちだと思いました。

私はまだ自分の本当の感情を父に伝えていません。

私はずっと今まで父に反抗していたので

態度を簡単に変える事は私にとってはとても難しいのです。

でもいつか父に、少なくても平均点をつけることができるような人間になりたいです。

 

“I hate my father ”の文字をみて、それ以上読む事が出来なかったお父さんは今回初めてスピーチの全文を読み、星さんの思いを知り、そして涙を流していました。

黒澤家

 

そしてこのあとお父さんは、星さんの部屋へ行き、寂しい思いをさせた事を謝りました。

 

まとめ

いやーいい話でしたね・・・。お父さんと星さんの確執もなくなって良かったです。

ステップファミリーの子供たちは何らかの葛藤を抱えています。

新しい親のこと、新しい兄妹のこと、本当の親のこと・・・。特に思春期の子供は大変だと思います。

でも黒澤家は、子供たちも素直でいい子だし、何よりお父さんとお母さんが家族をひとつにしようと、とても一生懸命です。

とてもいい大家族でした。

それでは最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 全国の大家族 , ,