大家族ファンブログ

大家族シリーズやテラスハウスについてのブログです!

新垣家はママの出産で家族の絆を深める沖縄大家族!

   

 

スポンサーリンク

沖縄県に住む新垣家(あらかきけ)をご紹介したいと思います。

新垣家は沖縄県の読谷村という村に住んでいます。これで“よみたんそん”よ読むらしいです。

新垣家は、4男2女8人の大家族。そして、大家族のママのお腹には、7人目の赤ちゃんがいて、もうじき出産を迎えられるそうです。

新垣家

新垣家のご紹介

 

新垣家

パパ・博之(ひろゆき)さん(40歳)

・近所のスーパー勤務

 

新垣家

ママ・穂積(ほずみ)さん(38歳)

・お腹には7人目の赤ちゃんがいる

 

新垣家

長男・琉央(りゅお)くん(16歳)

・高校生で現在は寮生活をしている

 

新垣家

長女・ちゅらちゃん(14歳)

・しっかり者で兄妹のまとめ役

 

新垣家

二男・読男(ゆんま)くん(11歳)

・バスケットに夢中のイケメン小学生

 

新垣家

二女・ううとちゃん(10歳)

・名前の由来は、沖縄の方言の「うーとーと」(※仏を拝むという意味だそうです)にちなんで付けられたそうです。

 

新垣家

三男・燦(さん)くん(8歳)

・将来の夢は生物博士

 

新垣家

四男・陽音(ひと)くん(6歳)

・ママにべったりな甘えん坊

 

女の子たちはみんなちゅらさんですね~!男の子もみんなでぇ~じかっこいい!!

(※ちゅらさん=美人さん、でぇ~じ=とっても)

ママは身重の体でも大忙し!

出産を間近に控えるママは身重な体でも大家族を支えるママとして、家事に育児に手抜きはありません。

そんなママの一日のスケジュールは・・・、

 

朝5:00 子供たちの宿題チェック

新垣家

子供たちの宿題が終わるのが夜遅くなるので早朝にまとめてチェックするそうです。

 

朝6:00 朝食

新垣家

宿題チェックのあとは、家族7人分の朝食づくり。つくり終えたら子供たちを起こし、朝食を食べさせ、子供たちを学校へ送りだします。

洗濯

子供たちを送り出した後は、まず洗濯。

洗濯は毎日、10kg洗い6回も回すそうです。

新垣家

これだけの量の洗濯ものを干したり、取り込んだり、畳んだりとかなり大変な作業だと思います。

 

夕飯の準備

洗濯を終え家じゅう掃除機をかけると、もう時間はお昼前です。ママはここで、夕飯の準備をするそうなんです。夕方になると子供たちのお迎えで忙しくなるので、この時間帯に準備を済ませてしまうそうなんです。

 

夕食の準備を終え、子供たちのお迎えに行き、夕飯を食べさせたあとも、ママのやる事は尽きないそうです。やっぱり大家族のママは大変ですね。

でも、子供たちが身重のママを気づかって、進んでお手伝いをしてくれるから助かっているそうです。子供たちは自分たちの弟?妹?が無事に産まれてくるようにママにできるだけ負担をかけないように一生懸命お手伝いするそうです。

 

スポンサーリンク

 

ちょっと変わったお小遣いルール

そんな新垣家では、ちょっと変わったお小遣いルールがあります。

子供たちのお小遣いは、

長女が、5,600円
二男が、4,400円
二女が、4,000円
三男が、3,200円
四男が、2,400円

だそうで、年齢ⅹ400円がお小遣いの金額なんだそうです。

年齢の割にはみんなかなりのお小遣いをもらっているように思いますが、その代わり、

・学用品
・洋服
・くつ
・お菓子

など、自分の身の回りのものは自分のお小遣いから支払うそうなんです。

また、家族で焼き肉に行ったりした時も、割り勘なんだそうです。

 

子供たちは自分の使ったお金をお小遣い帳で管理して、しっかり貯金までしてるそうです。

新垣家

 

また、新垣家の子供たちは、ママからもらうお小遣いのほかにもあることをしてお小遣いをゲットしているんです。

それは・・・、缶拾い

新垣家

子供たちは、街に落ちている缶を集めては、リサイクルショップへ持って行き、現金と交換してもらってお小遣いをゲットしているそうです。金額はたいしたことないようですが、それでも二女のううとちゃんは、「ゴミ拾いにもなるし」と言って喜んで缶拾いをしてるそうです。

 

ママが言っていました、

「こうすることによって、子供たちはお金の価値を分かる様になり、無駄遣いも減り、兄妹同志助け合うようになった」

と。

これはいいルールですね!

 

交換日記

ちょっと変わったお小遣いのルールがある新垣家ですが、もう一つルールがあるんです。

それは、交換日記

新垣家

定期的に子供たちと交換日記をすることをルールにしているそうで、「子供たちに言葉ではうまく伝えられないことを書いたり、また子供たちからは普段は照れくさくて言葉では言えないことが書かれている」と、ママはこの交換日記を通して家族間の交流がうまくいっていると実感してるそうです。

 

四男の陽音くんの日記をちょっと拝見・・・、

新垣家

おかあさんへ
かあさんはいつもたいへんですね。おなかがでかいから。

とってもかわいいですね。

新垣家

 

家族全員の立会いで出産

出産を間近に控えたママですが、新垣家ではこれまでの出産はすべて子供たちを立ち合わせてきたそうなんです。これは新垣家の流儀、ルールなんだそうです。

生きるとか死ぬとかいう場面に立ちあうことは、人生の大きな勉強のひとつで、出産に関しては自分の出産しか見せることが出来ないので絶好の機会だとママは話していました。

まさにその通りですね。

そして、新垣家では子供たちを立ち合わせるだけじゃなく、子供たちにへその緒も切らせるそうです。これも新垣家のルールのひとつだそうで、こうすることで、命の尊さを学ばせるんだそうです。

新垣家

そしていよいよ出産の当日、

実は今回の出産は6年ぶりというママ、一昨年のを含め過去に2度の流産を経験していて、今回の出産も不安でいっぱいだったと話してました。

しかし、家族全員の立会いのもと無事出産。

新垣家

3500グラムの女の子

へその緒を切ることを任された二女ううとちゃんがしっかり大役を果たし、新垣家にまたひとつ新しい命が誕生しました。

 

まとめ

出産の数日後、子供たちからママへサプライズプレゼントが贈られました。

新垣家

子供たちからのプレゼントは、あかちゃんの服でした。子供たちは自分のお小遣いを出し合い割り勘して買ったんだそうです。

子供たちはママにプレゼントを渡したあと、それぞれママ宛てに書いた手紙を読みました。上のお兄ちゃんお姉ちゃんが読み上げてくなか、四男の陽音くんは、いろんな思いが重なり泣きだしてなかなか言えません。新たな赤ちゃんの誕生で今回初めてお兄ちゃんになる陽音くんにとっては、とても特別なことだったんですよね。それでも陽音くん最後にはしっかり、

おかあさんと赤ちゃんへ
おかあさんは、今日、あかちゃんをうみました。おむつをかえるおにいちゃんになりたいです。

と立派にお兄ちゃんらしいこと言ってました・・・。

 

今回ご紹介した沖縄の新垣家もいい大家族でしたね・・・。

新しい命の誕生を家族全員で見届けるって、これ良いですね。

 

それでは最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 全国の大家族 ,